« こたえあわせ | トップページ | 【後日談】3枚のWISHくんハガキ »

圧倒的な幸せ

ハルハルがいたとき、ママはいつも圧倒的な幸せに包まれていました。

睡眠不足でボロボロの日でも、ベッドに横たわるハルハルのぷにぷにの頬に自分の頬をくっつければ、ああ幸せだなぁ、とじんわり思いました。

なんでだろう、とも思いました。これだけ生活に制限があって不安も多いのに、なぜ幸せと感じるのだろうと。

一般的に雑誌にあふれているような旅行やグルメやセレブな生活は、ママには魅力的ではありませんでした。

そんなことより、ハルハルの退院が決定したことのほうが、よほど高揚感がありました。

「たられば」の話は嫌いだけど、「ハルハルのいる世界といない世界を選べたら、どっちがいい?」と聞かれたら、迷わずハルハルのいる世界と答えるでしょう。

 

ハルハルが旅立ってから、幸福論の本をたくさん読みました。色々な説がありました。まだ、よくわかりません。

安心できる場所で、周囲のサポートに繋がることができたから?

自分の役割が与えられ、愛しい人のために一生懸命になることができる環境を与えてもらえたから?

「あなたに生きる理由があるのであれば、どのような生き方にもたいてい耐えられる。有意義な人生は、困難のただ中にあってもきわめて満足のいくものであるのに対して、無意味な人生は、どれだけ快適な環境に囲まれていても厳しい試練に他ならない」・・・

 

ハルハル「前」のママと、ハルハル「中」のママの感じた幸せは、かなり違います。

ハルハル「後」のこれからも、きっと違っていくでしょう。

引きこもり生活から外の世界への適応も、ゆっくりとですが順調に進み、仕事や友人と過ごす時間など、日々笑顔で過ごしています。

ただ、ふと、ハルハル「中」の頃のような、すべて包み込まれるような圧倒的な幸せを感じることが今後あるのかな・・・と、

今はぬいぐるみで埋め尽くされたハルハルのベッドを横目で見て、寂しさにとらわれることも。

・・でも、ハルハルがいなければ知らなかった世界を知り、出会うことのなかった人たちに出会い、

視野が広がり、価値観が変わり、

そして、あの完璧な幸せの感覚を思い出すことができる、それだけで、

ママの人生は、もう、とてつもなく豊かです。

・・ラブソングの歌詞みたい 笑。 

うん、やっぱり恋をしていたんだね、ハルハルに^^

 

---------                                                                            

ハルハルの強い生命の力のおかげで、当初の予想を大きく超えて10年以上もブログを書き続けることができました。

子どもが旅立った後の母親はどんな感じなのか知りたい方もいるかと思い(自分がそうだったように。いつか来る日の心構えをしたくて。)発信を続けましたが、

ハルハルの小学校卒業を機に、ひと区切りとしたいと思います。

記憶は自分の中で書き換えられていくので、その時どきの事実や感情を記録し続けることができたのは、貴重だったかもしれません。

いつかゆっくりと時間をかけて、自分の感情なども、深く振り返ってみたいと思っています。

あの時の涙、笑顔、悔しさ、幸福感、感情、考え方、行動、その変化、どうしてそうだったんだろう、なにがそうさせたんだろう。

一歩離れたからわかることがあるかもしれないから。

 

本当にたくさんの方々が、いつも笑顔で、あたたかな言葉で、ハルハルとパパとママを支えてくださいました。

感謝しつくせません。ありがとうございました。

ハルハルの時にいただいたご恩返しは、また次の誰かへ、自分なりの形でしていきたいと思っています。

Pay Forward. 

無限ではない時間のなかで、自分にできることを探し続けます。

 

ハルハルのいた時間がどんどん過去になって、環境が変化していっても、

普遍的な部分で、ハルハルの物語が誰かの役に立てることがもしあれば、嬉しいです。

 

ハルハルの卒業アルバムをいただきました。

Img_1854

先生からは、「その明るいエネルギーで輝き続けてください」「本校の誇りある一員です」との言葉をいただきました。

うんうん、そうなんだよね、ハルハルは、いつも前向きで明るいエネルギーにあふれているのが伝わってくる子。

そして、訪問でも、なかなか学校へ行けなくても、学校のみんなの仲間であることを切望していた。

ハルハル~、うれしいね。先生、ハルハルのことをよく見ていてくれて、ありがとう。

 

ハルハルね、こんなにがんばったよ。楽しかったよ。

みんなもね、きっと同じだね。

ありがとう。どうぞ健やかに。

 

 

|

« こたえあわせ | トップページ | 【後日談】3枚のWISHくんハガキ »

コメント

ハルハルちゃん、ママさんいつもあたたかな気持ちを分けていただいていました。

ハンドメイドで購入させていたいた
キャロット覚えていらっしゃいますか?
その時は親戚の子にプレゼントして
今は私の娘が着ています。
サイズアウトしても大切に取っておきますね。

パパさん、ママさんこれからもお元気で。

投稿: ちひろ | 2020年4月 2日 (木) 16時51分

ハルハルちゃんのこと、時々思い出しておじゃましています。これからもです。大変影響を受けました。
どうもありがとうございます。ママもお元気で!

投稿: あまなつ | 2020年4月 8日 (水) 16時10分

長年ありがとうございました。定期的に拝見させていただいておりました。
一区切りをつけることも大変だったと思いますし、読者として(誠に勝手ながら)寂しい気持ちもありますがその大きな一歩を応援しています。

ハルハルちゃんの歩みや頑張りのその軌跡を私はずっと忘れません。
お母様やお父様をはじめとしてたくさんの方たちの頑張りも忘れません。
私の心の中で、ずっとずっとハルハルちゃんは生き続けます。
彼女の存在と一緒に、頑張って生きていきたいと思います。

投稿: Ikumi | 2020年6月 9日 (火) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こたえあわせ | トップページ | 【後日談】3枚のWISHくんハガキ »