« 一日一枚 今日のハルハル | トップページ | リハビリ »

「共に生きれない日が来たって」

「共に生きれない日が来たって どうせ愛してしまうと思うんだ」…Mr.Childrenの「しるし」の歌詞です。

ハルハルがお腹にいる時に13トリソミーとわかって、その命につきつけられた厳しい現実に、辛くて泣かない日がなかった頃、パパ持っていたCD「HOME]をたまたま聞きました。(恋愛の曲だと思いつつも、)どんな運命だろうとどうせ愛してしまう、ならばそれを受け止めて、泣いたりしてしまう自分も許して、お腹の中の生命をただ懸命に愛してしまおう、と思った曲でした。今日久々に聞いて、変わらない気持ちを確認しました。久々に抱っこできたら、ママの鼓動を聞かせてあげたいな。ハルハル、安心するかな。

|

« 一日一枚 今日のハルハル | トップページ | リハビリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一日一枚 今日のハルハル | トップページ | リハビリ »